ホーム |  会社概要 | お問い合わせ

English | Japanese

森林が支える食の環境北の山ワサビ

 北海道の大地は先人の過酷な労働と汗と努力により開拓され、森林、原野を肥沃な大地へと蘇らせることで美味しい作物が採れるようになりました。気候は、真夏と真冬の間に50°~60℃の気温差があります。この気候が辛味、風味、バランスのとれた山ワサビが育つのに最適な環境を作り出しています。

北の山ワサビ

の山ワサビの産地と特性
 北の山ワサビは北海道産。西洋ワサビ(ホースラディッシュ)とも言われる山ワサビ。日本のワサビに比べ、爽快感のある辛味が特徴。魚や肉との相性がよく、ローストビーフ、ステーキ、魚料理に添えるだけで、味をひき立てる。ソース類に混ぜて風味づけにしたり、酢やバター、クリーム、マヨネーズなどと組み合わせて、ソースの材料に。主に使われるのは根と茎の部分だが、生の葉をサラダに加えても。

 

【主な主成分と作用】
 ●アリルイソチオシアネート: 辛味成分・血栓防止
 ●グルコシノレート: 解毒機能強化